スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心の師fRoD様
目かゆい 腹痛い 



じゃんし だ

とりあえず知人に言われた小言がひどく悔しかったので
我が心の師fRoD先生に聞いてみた

さくっとGotFragからおいしそうなのを見つけて観賞。否鑑賞。

とりあえず驚いたのが思ってたほどじゃなかったってこと。
いやもちろんやばいうまいし、ありえないんだけど
俺が思い描いてたのよりはってこと。
まぁ俺もちょっとはうまくなったってことなんかね

で、先生でもはずすもんははずす。
そこ当てちゃう?!ってのも何回かあったけど
撃ってる弾=当てる弾ってイメージだったんだけど
全然そんなことないよね
まぁ当然か。
ただ決定的な違いは発見からうつまでの速度とそれまでの動き。
動きってのは全体的な動きじゃなく撃つまでの流れの動き。

で、発見からうつまでってのは反応速度とかじゃなく
俺の場合、
発見→狙う→うつ  なんだけど
先生は
発見→うつ なんだよね

おそらく、こっからはDEMOで見た感じの俺の推測なんだけど
決定的に違うのは、スコープ覗いてない時の中心を敵に合わせる精度
これが俺とは決定的に違う。
俺もそのへんは意識してやってるつもりなんだけど
ある程度って感じ。
でも先生はもうぴったり合ってる。
これにより発見と同時に敵に狙いがさだまってて
「狙う」のディレイがないわけ。

これはもっと俺としても突き詰めれるところだし
これを打開できればもっとうまくなれるなぁって思った。


動きとしては散々先生のDEMO見てぱくりまくったから
俺ならこうする!って思ったのを先生もやる感じ。
そりゃそうだ。だって俺がぱくってんだもん。
昔見た時は「あーこうでるわけか」とか「ここはこう見るのね」
って発見がいっぱいあったけど
久々に見てもそうゆうのはなかったかな。
動きとしては自信が持てた。
でも昔見たのと違ってスライドで出るのが多くなってる気がする。
まぁ見たのがcontraのDEMOだったから
mapによって使い分けてるってのも考えられるが。

結論、動きは変えずにさっきの覗いてない状態で「ある程度」合わせる を
覗いてない状態でぴったし合わせる

に変える。あとはなにより当てることだよね。
アサルトになるとこれに「頭に」って項目がついちゃうんだけど
AWPなら頭ってかぎらなくていいし、もっと当てれるはずだよな。


ってことで今日からまた日ごとに振り返って先生に近づく作業をやろうと思う。
日本一のAWPerをさくっととったら次はASIA1を目指す予定。




話題は変わってCSSJCLなんだけど
色々問題もあったけど、登録数が徐々に増えてるね。
でもまだまだ少ないっていうか寂しい感じ。
締め切り前日ラッシュあるよって言われても
やってる本人は心配なもんっす
ってことでみんながんがん登録すべし。
新規クランとかも遠慮せずにするべきっすよ

あと見られることはそうないと思うけど
2chでじゃっかん話題になったことについて返答しておく

mapについてなんだけど
1mapじゃなくて登録数に応じて数mapやる予定です
16チーム以上きたら4mapっすね。はたまたそれ以上。

で、気になるmapの選び方なんだけど
なんか知らんけど抽選みたいな流れになってるけど
俺のきまぐれです。
今一応、大会候補のmapを色々やっていて
そっから面白いmapを選ぶつもり。
はたから色々な話しも聞くけど
やれここは糞mapだとか、やれここはやらんほうがいいだとか
でも残念ですが、開催する時に、おもろそうなの選ぶわーって感じなんで
俺の感性で決めちゃう感じです
まぁゆってもだいたい1つ2つはわかるだろうけどね。

あと誤解されないように言っておきますが
だいたいこのmapにしようかなーってのは誰にも言ってません。
運営長のdustにも言ってません。



ってことで運営として働くはたわら
この悔しさと無念を晴らす旅に出るよ。
そういや明日っつーか今日、マレーシアの人とクラン戦する予定
さっきpingtestいったけど
100ないしそんぐらいだからちょっとかくつくぐらいかなー
とりあえずどんなラグくてもAWP使うって決めてる。


ま、こんなところで寝ます
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 JanCのΣ(;゚Д`)ア・・・ア・・・アッハァァァ!? all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。