スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
溜まってたネタを処理
お久しぶりです



じゃんし だ

ちょっと書くことが多いので
なんだっけ 本とかの冒頭にこのページはこんな内容です
みたいなやつあるじゃん。あれも書いておくから
興味なさそうなやつは飛ばすといい
あ、もくじ?もくじだよね? まぁいっか


・Spygea世界大会のこと
・てれ優勝のこと
・おれの移籍話し
・すと4のこと


よし、長くなるけど書くぞ



まずSpygeaのこと。
知らない人も多いと思うんだけど
これはCSSじゃなくてSFの話し。
俺はCSSやる前はSFやってて
そのときにクラン作ってた。

俺も思い出すように書いてくから
まずはそのへんのなれそめから!

SFの前にやってたフリースタイルっていう
バスケのゲームをやってて、そこで一緒だった人たちと遊んでた
んでいつものごとく3D酔いしながら野良で遊んでたら
dustboxとかいうやつと出会ったわけだ。
その他にも今でも一緒に遊ぶぼうだとか
色々と知り合いはできたわけ。
んでスカイプみんなでつないで遊んでたんだけど
だすとが一人連れてきていい?みたいな感じで
スカイプに一人連れてきたわけだ。
今となっては良いネタなんだけど
一応名前はふせておく。
仮にそいつは缶コーヒーと名づけよう。

で、缶コーヒーはおれ以上に俺様キャラだったわけだ
そしてとある日、クランなんて存在すら知らなかった俺は
だすとからクランとはなんぞやと教えてもらった。
それでクランを作る気まんまんになったおれは
いつものメンバーに「俺、クラン作るから入ってね!」
って言ったかはさだかではないけど
この辺は流れだった。
すると缶コーヒーはこう言い放った
「俺がリーダーなら入ってやるよ」
なんかこのころの記憶は曖昧なんだけど
このセリフは覚えてるw
んで俺もこれにいらっときたので
なら入らなくていいよって言った気がする。
んでそのころからクランで活動を開始したわけなんだけど
おのずと缶コーヒーと連絡とることはなくなって
ある日、スカイプのチャットでコーヒーから
「おれもクラン作るわ」 と。
今ならかなり熱い展開なんだけど
当時はうっとおしいだけだった。
で、まぁ想像の通りクラン戦を申し込まれて
あっちもこっちも負けられない戦いって言えばちょっとかっこいいんだけど
そんな感じだった。
細かいとこはめんどいからはしょって
結果としてはうちの圧勝だった
俺のクランは別に強かったわけじゃないし
ぱっとしないレベルのチームだったけど
それでも圧勝だった。
んでそのコーヒー側のチームに
だんく、ちゃど、Spygea、いんふぃがいたんだけども
その4人がコーヒーが俺様すぎるんで移籍したいと。
いや覚えてないけど俺が誘ったのかもしれない。
だんくとちゃどは元から知り合いだったから話す機会もあったんだけど
すぱいといんふぃはちゃどとかに言ったんだったと思う。

そっからは特になんもなく活動してたんだけど
ある日Spyがスナイパーやりたいみたいなこと言い出して
うちのチームのスナイパーってだすとがずっとやってたし
普通にあの当時のレベルだとうまかったから
だすといるから大会は出れないよ?って言ったと思う。
それでもいいっていって彼はスナイパーになった。
でも、なんか大会のわりと直前だった記憶があるんだけど
だすとが

「あきたし、ラグとかうざいんで引退しますね^^」
とか言い出した。さすがに痛手すぎるから

「いやーいきなしそんなこと言われても困るから、引退は取り消してもらおうか」

って説得したんだけども、返ってきた言葉は


      ハ,,ハ
     ( ゚ω゚ )  お断りします
    /    \
  ((⊂  )   ノ\つ))
     (_⌒ヽ
      ヽ ヘ }
 ε≡Ξ ノノ `J


だったわけで。
んで急遽スナイパーを補充ってことになったんだけど
まぁあらかた予想通りでSpyがなったわけ。
んで一緒に試合してみたんだけど
動きとかほんとぐずぐずなんだけど
とにかく当てまくる記憶はあった。
しゃべらないし、攻めないし、もうほんとぐずぐずだった。
でもやはり24時間SF接続してね?ってぐらいの
ゲーム自体へのはまりっぷりのおかげなのか
やっぱ誰だってやればうまくなるもので
どんどんうまくなっていった。

これは余談なんだけど
多分spyが有名になったのは
うちのクランを出てからだと思う。
おそらくそのころってもうそうとうなレベルだったと思うから
あのどうしょもなく使えなかった時代をみんな知らないんだろうなぁ
と思うとなんかにやけるよね。


んで大会とか色々と出て
まぁぱっとした結果はひとつもなかったんだけど
いくらふるぼっこにされても
アサルト陣がぐずぐずだったり
俺の知識不足だったりで
スナイパーが負けてるって試合はひとつもなかったと思う
それだけにSpyがうちにいるのはもったいないって思ってたし
あの時のSFで一番うまいスナイパーはSpyだって俺はずっと言ってた
まぁおれの見る目は間違ってなかったみたいで
結論からすると
彼、日本一になって世界大会いくことになったみたい。
単純にすごいことだし、一緒のチームで長いことやってたやつが
世界大会のメンバーって純粋に嬉しいよね。
今となってはあきらか俺よりうまいし
はるかに上の存在なわけなんだけど
それでも一時はあいつに色々教えてたってのが
結構自慢だったりする。
まぁそんなことは置いといて
昨日そのspyから話しかけられて
おもしろい話を聞いた。
どうもハンゲームが、日本代表の5人に
キャッチフレーズをつけたそうな。
Spyについたキャッチフレーズが

「世界を撃ち抜くイケメンスナイパー」









    / ̄ ̄ヽ
   / (●) ..(●  ?
   |   'ー=‐' i  
    >     く
 _/ ,/⌒)、,ヽ_
   ヽ、_/~ヽ、__)  \




ま、まぁ彼にはぜひとも世界で一番とってきてほしいものです。
はじC一同応援しております。




さて続きまして先日行われた
Stingの大会。
俺はStingやらないから詳しいことは書けないんだけど
これもSFのころから知り合いで
Sorrowsで一時期一緒にやってた
てれがその大会で優勝したらしい。
これは俺の勝手なあれだけど
barusaさんもチーム作ったのか入ったのかわからないけど
やってたみたいで、やっぱ強い人のとこには
強い人集まる的なFPSのあれみたいので
そこが優勝するのかなーって勝手に思ってた
でもなにげなく配信見てたら
決勝のチームにてれの名前あってびびった
すぐさま本人に確認したらやっぱりそうで
んで結局そのまま優勝しやがった
てれのあの追い込まれた場面での3kill
まじかっこよかったっす
あれが勝敗を分けたっていってもいいね。うん
ってことでこの話しも身内自慢なんだけど
やっぱ少しでも一緒にやってた人が
なんかすごいことすると不思議と自分も嬉しくなるものだね。
本当におめでとうございます。





んでこっからはどうでもいい俺の話し。

まずかなり前だけどambやめてPGFに移籍しました。
まぁまだPGFは仮入隊なんでどうなるかは
元いたメンバーの人が決めるわけなんですけど
一応大会にも登録してもらって
1試合でることになりました。
相手は確かC92だったかな。
とりあえず大会への意気込みを全てそこで出すつもりなので
C92の方は覚悟しといてください!キリッ
まぁとにかく全力でがんばります




最後にすと4の話し
なんか最初はじめたころは
絶対こんなんうまくならねーって思ってたんだけど
徐々にうまくなってきてる実感がある
当初BPは0~500をいったりきたり。
それ以来ランクマッチはまだはやいと
だすととかとプレマを続けてはや数ヶ月。
この間、ウメハラの動画を見まくって
人間じゃないことに気付いて絶望したり
イヨのダルシムにあこがれて練習してみたり
ヴォーテツサーンにあこがれてフォルテかじったり
色々と試行錯誤を繰り返しました
んでだすとと生活のリズムがあわなくなって
むしゃくしゃしたおれは
苦い思い出のあるランクマッチへ出陣。
0~500をさまよってた俺は
1500~1800をさまようようになってた!
1000もの差が過去の俺との間にできてる!
歓喜!それ以来さらにはまってすと4おもしろいです。
でも使ってる人が少ないキャラになかなか勝てないっす
あとしょうりゅうセビ滅の成功率が3割ぐらいっす
練習しよ






ってことで溜まってたのを全て書ききりました
ネタがあればちょいちょいまた書いていくのでよろしくー


じゃぁの
コメント
この記事へのコメント
俺のこと書いてないけど?
2009/09/02 (水) 08:16:50 | URL | Ec0 #-[ 編集]
すぱいさんは回線が変わってから劇的に強くなったよね
優勝あり!
PGFくっそつおいって友達がいってた
2009/09/03 (木) 22:05:32 | URL | てれ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 JanCのΣ(;゚Д`)ア・・・ア・・・アッハァァァ!? all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。